社会福祉法人ふじみ会 幼保連携型認定こども園 富士見保育所のホームページへようこそ!!

 

ふじみのお楽しみ掲示板

 

 FUJIMI NURSERY STYLE

 FUJIMI NURSERY STYLE
 
●この掲示板では、園の最新情報や楽しい保育・教育活動の様子をご紹介していきます。
 
フォーム
 
11月の大切な積み重ね「劇ごっこコーナー」
2017-12-01
 12月16日には、すみれ・さくら組(年長・年中児)が中心で行われる、クリスマス会があります。
少しその会を意識した「劇ごっこコーナー」が11月の間、自由時間の中で登場します。
もちろん12月に入ると、クリスマス会に向けた演目の練習も行いますが、この「劇ごっこコーナー」は少し前の段階から、
演ずることが「おもしろい」「やってみたい」という気持ちが膨らむようなコーナーとして、とっても良い効果があります。
知っているお話のセリフを自分で考えて言ってみたり、またペープサートを自分で作って、そのお話も作ってみたりと、「おもしろい」から「やってみたい」という気持ちが、演ずることへの効果を生みます。
二枚の写真はそんな、すみれ・さくら組の影響を受けて、三匹のこぶたを演じてみた、ひまわり組(年少児)です。これももちろん特別な時間というより、自由遊びの中でやりたい園児がやりはじめ、あまり興味を示さなかった園児がだんだん引き込まれ「おもしろさ」を知るという流れで行っています。
この自由さの中での積み重ねこそが、とっても大切で、みんなのクリスマス会をより一層楽しい会へ繋げてくれます。
 
10/19 鮭の解体ショー
2017-10-24
今年も「みのせストア」生鮮担当さんにお越しいただき、鮭の解体ショーを行いました。
鮭本来の姿から、食べれる切り身になっていく様子を見ること、とっても大切な経験です。
生鮮担当〔さかなやさん〕のお話の中には必ず、「命をいただく」・・・だから「いただきます」
という話も出てきます。みんなにとって少し難しい話になりますが、命ある「お魚」を食べて
生きているということ、だからこそ「感謝」して「いただく」という心に繋がってほしいと思います。
 
10/1 いよいよ運動会!!
2017-09-30
9月の午前は、運動会の練習が活動のメインでした。並び方、歩き方、走り方、競技のやり方、他クラスの競技や遊戯を見る事も含めて、就学前児童の運動会としては、順位や勝ち負けの競争意識より、まず体験して少しでも、この活動(運動会)を楽しめることが大切です。 「ぼくはどうせ走るの遅いから・・・」「わたしは運動上手くできないから・・・」そういう気持ちにさせることなく、練習を楽しい気持ちで重ねていくこと、それは私たちの心の持ち方とやり方に委ねられます。
10/1本番、張り切るみんなの表情を見ていただければ、どんな気持ちで練習を積み重ねてきたかが、きっと解ります。
保護者の皆様、輝くみんなの姿をお楽しみに!!
 
 
9/14 珍しいお客さん
2017-09-14
 園庭で「オケラ」を発見!!
いつもは、真っ先に「あ、それ知ってる!」と言う、虫に詳しい○○君も、初めて「オケラ」という虫を知ったようです。ぼくらはみんな生きている♪・・・あの歌(手のひらを太陽に)に「オケラ」が出てくることは知っていても、どんな生き物か、知らない先生も多い今の時代です。もちろん、あの歌を知らない子どもたちも増えています。 あの歌に出てくるから「オケラ」ってどんな生き物なのかな~と興味を持ったりしたものですが、歌も知らないとなると、最近は珍しいと言われている「オケラ」の存在はもっと薄くなるんだろうな~・・という気持ちになりました。
 
♪「ミミズ」だって「オケラ」だって「アメンボ」だって、みんなみんな生きているんだ友だちなんだー♪
 
フレッシュにふれる②
2017-08-23
社会福祉法人ふじみ会
幼保連携型認定こども園
富士見保育所
〒036-8361
青森県弘前市大字紺屋町187-2
TEL.0172-32-0396
FAX.0172-88-7396

 
【利用定員100名】
1号(3~5歳児)15名
2号(3~5歳児)48名
3号(0~2歳児)37名
 
【保育短時間】
 9:00~17:00
【保育標準時間】
7:00~19:00
 【延長保育】
18:00~19:00
  
 
<<社会福祉法人ふじみ会 幼保連携型認定こども園 富士見保育所>> 〒036-8361 青森県弘前市大字紺屋町187-2 TEL:0172-32-0396 FAX:0172-88-7396